労働基準法による残業代支払いの規定 | 債権・売掛金の回収、解決に向けてのご相談なら弁護士へ【弁護士法人 二見・山田総合法律事務所 東京|神田】

HOME > 債権回収 > 労働基準法による残業代支払いの規定

労働基準法による残業代支払いの規定

労働基準法では、原則として1日8時間、1週間40時間の労働を超える労働(時間外労働)に対して残業代として割増賃金を支払わなければならい規定があり 休日労働や深夜労働にも割増賃金を払わなければならないと、法律で定められています。 割増率は下記の通りです。

残業代の割増率

時間外労働
25%
休日労働
35%
深夜労働
25%
休日の深夜労働
50%
時間外の深夜労働
60%

※時間外労働については、平成22年4月1日から1ヶ月の時間外労働が60時間を超える場合は50%の割増となりました。 しかし、これは大企業が対象で、中小企業において25%のままとなります。

債権回収でお困りならまずは無料相談
債権回収の無料相談
二見・山田総合法律事務所 電話番号

【弁護士法人 二見・山田総合法律事務所 監修・運営サイト】

これでわかる!遺産相続・事業継承は、遺産相談.com
遺産相続について、より詳しくわかります!

士業チームが離婚トラブルをフォロー。離婚コンシェルジュ.com
離婚問題でお悩みならコチラ!

様々な債権を最善な方法で解決。債権回収.jp
債権回収の解決はコチラ!

事業再建・企業再生なら事業再建.jp
事業再建・企業再生をお考えの方へ