自己破産の手続きと流れ | 債務整理(任意整理・特定調停・自己破産・民事再生)に関するご相談なら 【弁護士法人 二見・山田総合法律事務所 東京|神田】

HOME > 債務整理 > これで解決!多重債務地獄から抜け出す方法|自己破産の手続きと流れ

自己破産と手続きの流れ

自己破産手続きの流れ

1.破産申立
債務者の住所地の地方裁判所(または支部)に破産申立書と必要書類を提出
2.審 尋
破産申立から1~2ヶ月後に裁判所から呼び出しがあり破産申立の内容について裁判官から口頭で質問を受けます。
3.破産手続開始
審尋の数日後、破産手続開始が下されます。

4.同時廃止
めぼしい財産を所有しない破産者は、管財人の選任をすることなく破産手続開始と同時に破産手続きの廃止が決定されます。
5.免責申立
同時廃止が決定してから1ヶ月以内に申立てる。

6.審 尋
免責申立から1~2ヶ月後に裁判所から呼び出しがあり免責申立の内容について裁判官から口頭で質問を受けます。
7.免責決定
免責審尋から1ヵ月半~2ヶ月くらい後に決定がくだされます。免責が許可になり確定すれば支払いの義務はなくなります。

免責とは

免責とは、破産債権者に対する債務の全部につきその責任を免れさせる制度です。ただし、以下のような場合には、免責決定を受けることができないとされています。(もっとも、このような場合でも、裁判所の裁量により免責されることがあります。)

1 自分や他人の利益を図ったり、債権者を害する目的で、破産財団に属する財産、いわゆる破産者の財産を隠したり、その財産価値を減少させたような場合。
2 浪費やギャンブルによって、著しく財産を減少させたり過大な債務を負担したような場合。
3 クレジットカードで一定の商品を購入し、その商品をすぐに安い値段で業者などに転売したり、質入して現金を取得したような場合。
4 偽りの事実を記載した債権者名簿を裁判所に提出したり裁判所に財産状態について偽りの陳述をしたような場合。
5 免責の申立て前7年内に免責を得たことがある場合。
6 破産法に定める破産者の義務に違反した場合。

債務整理・自己破産・民事再生

債務整理・自己破産・民事再生

過払い・債務関連最新情報
人ごとではない多重債務
多重債務者周辺に巣食うハイエナの実態
債務のことでお困りならまずは無料相談
債務整理等の無料相談
二見・山田総合法律事務所 電話番号

【弁護士法人 二見・山田総合法律事務所 監修・運営サイト】

これでわかる!遺産相続・事業継承は、遺産相談.com
遺産相続について、より詳しくわかります!

士業チームが離婚トラブルをフォロー。離婚コンシェルジュ.com
離婚問題でお悩みならコチラ!

様々な債権を最善な方法で解決。債権回収.jp
債権回収の解決はコチラ!

事業再建・企業再生なら事業再建.jp
事業再建・企業再生をお考えの方へ