建物明渡しの流れ | 債権・売掛金の回収、解決に向けてのご相談なら弁護士へ【弁護士法人 二見・山田総合法律事務所 東京|神田】

HOME > 債権回収 > 建物明渡しの流れ

建物明渡しの流れ

交渉・内容証明発送
明渡しについての話し合いを行う。
話し合いに応じない場合は、契約の解除通知を発送(内容証明郵便)

▼家主側で準備するもの
  • 固定資産評価証明書
  • 賃貸借契約書
  • 間取り図
  • 簡単な経緯書
  • 家賃の支払い催告書
裁判・判決確定
賃借人が任意での明渡しに応じない場合、裁判にて明渡しを求める。

(執行文付与の判決)
予納金明渡 65,000円程度が目安
強制執行
裁判終了後、賃借人が任意での明渡しに応じない場合、強制執行を行う。
建物明渡し
  • 強制執行申請
  • 執行官面接
  • 催告 … 一定期間の猶予を与え、任意退去を促す。
  • 断行 … 着手期間までに退去しない場合、待ったなしで戸外に搬出。

断行する為の執行費用、実費目安は一般的に、ワンルームマンションでも最低50万円程度必要と考えた方がいいと思います。(運送費用・倉庫保管費・催告立会い費用・執行立会い費用・鍵屋費用)規模により大きく金額が変動しますので、少し多めの資金手当が必要です。


«家賃回収の流れ(任意での交渉スケジュール)

債権回収でお困りならまずは無料相談
債権回収の無料相談
二見・山田総合法律事務所 電話番号

【弁護士法人 二見・山田総合法律事務所 監修・運営サイト】

これでわかる!遺産相続・事業継承は、遺産相談.com
遺産相続について、より詳しくわかります!

士業チームが離婚トラブルをフォロー。離婚コンシェルジュ.com
離婚問題でお悩みならコチラ!

様々な債権を最善な方法で解決。債権回収.jp
債権回収の解決はコチラ!

事業再建・企業再生なら事業再建.jp
事業再建・企業再生をお考えの方へ