家賃滞納督促・回収の流れ | 債権・売掛金の回収、解決に向けてのご相談なら弁護士へ【弁護士法人 二見・山田総合法律事務所 東京|神田】

HOME > 債権回収 > 家賃滞納督促・回収の流れ

家賃滞納督促・回収の流れ

家賃滞納の場合、滞納期間によって督促方法、通知書面の内容を変えながら、賃借人へ働きかけることが重要です。

数日~一週間程度ですと、うっかり又は、出張等で支払いが出来なかった場合も想定できますので、まずはやんわりと請求していきます。

20日程度支払いが無い場合は、賃借人に金銭的な問題が何か発生していることを想定して、行動します。連帯保証人が設定されている場合、連帯保証人にも連絡を取り、現状を説明し、賃借人に連絡をしてもらうように相談。

家賃滞納が1ヵ月以上経過した場合、内容証明郵便(配達証明付)にて支払い督促を賃借人及び連帯保証人に行います。

2ヵ月を経過しても何ら方向性が見えない場合、問題の長期化する可能性が高まりますので、できれば専門家に相談することをお勧め致します。
この段階で突発的な問題で支払いができないのか、判断する必要があり、今後も同様なことが発生する可能性があるかによって、契約解除、明渡しを求めるかを検討します。

»家賃回収の流れ(任意での交渉スケジュール)

«最近多い、家賃の滞納問題

債権回収でお困りならまずは無料相談
債権回収の無料相談
二見・山田総合法律事務所 電話番号

【弁護士法人 二見・山田総合法律事務所 監修・運営サイト】

これでわかる!遺産相続・事業継承は、遺産相談.com
遺産相続について、より詳しくわかります!

士業チームが離婚トラブルをフォロー。離婚コンシェルジュ.com
離婚問題でお悩みならコチラ!

様々な債権を最善な方法で解決。債権回収.jp
債権回収の解決はコチラ!

事業再建・企業再生なら事業再建.jp
事業再建・企業再生をお考えの方へ