口約束でのケース(書面での取り交わしがない場合) | 債権・売掛金の回収、解決に向けてのご相談なら弁護士へ【二見・山田総合法律事務所 東京|神田】

HOME > 債権回収 > 口約束でのケース(書面での取り交わしがない場合)

口約束でのケース(書面での取り交わしがない場合)

口約束だけでは債権の回収をすることは厳しくなります。そこで当事者と連絡が取れるうちに、金銭の受渡し等が有った事実を書面に残して下さい。

書面にする際重要なポイントとして、スムーズに作成協力してもらう為に、第一の目的が債権回収であることをなるべく悟られない様注意すること。

「確認の為にお互いに書面を残しましょう」等の切り出しで話をすれば、比較的にすんなり協力してもらえると思います。いきなり厳しい内容の文面ですと拒絶されることも考えられますので、様子を見ながら慎重に進めてください。

書面を作成する際、最低限の記載事項


  • 貸主、借主、連帯保証人の氏名、住所の明示
  • 現実に貸し付けた金額、内容
  • 返済時期(分割なら毎月の返済日など)
  • 返済方法(銀行送金か持参か)
  • 利息の設定
  • 遅延時の規定
  • 貸主、借主、連帯保証人の署名、捺印
債権回収でお困りならまずは無料相談
債権回収の無料相談
二見・山田総合法律事務所 電話番号

【弁護士法人 二見・山田総合法律事務所 監修・運営サイト】

これでわかる!遺産相続・事業継承は、遺産相談.com
遺産相続について、より詳しくわかります!

士業チームが離婚トラブルをフォロー。離婚コンシェルジュ.com
離婚問題でお悩みならコチラ!

様々な債権を最善な方法で解決。債権回収.jp
債権回収の解決はコチラ!

事業再建・企業再生なら事業再建.jp
事業再建・企業再生をお考えの方へ