賃貸住宅の更新料は無効? | 過払い金の相談、過払い請求のことなら弁護士法人 二見・山田総合法律事務所

HOME > 住宅 > 賃貸住宅の更新料は無効?

賃貸住宅の更新料は無効?

『賃貸マンション等における更新料は、消費者契約法第10条に反して無効』という判決が平成21年8月27日、大阪高裁にて出ました。
少なくとも首都圏では、おおむね2年毎に約1ヶ月分の賃料相当額が賃貸借契約の更新料として請求されていました。この更新料が無効という判決が出たということです。

2011年3月現在高裁の判決としては、更新料を有効とする物が1件、無効とする判決が2件となっています。3件の訴訟について、最高裁第2小法廷は借主と貸主双方から意見を聞く弁論を2011年6月10日に一括して行うことを決めました。弁論を経て判決で統一判断を示すことになります。

更新料が無効判決となれば、過去に遡って金利まで発生する訴訟に発展しえる大きな問題となります。

■最新情報:2011年7月15日
最高裁は、更新料は「有効」とする判断を示しました。
その結果、更新料の返還は厳しいと考えられます。

»Yahooニュース記事

債務のことでお困りならまずは無料相談
債務整理等の無料相談
二見・山田総合法律事務所 電話番号

【弁護士法人 二見・山田総合法律事務所 監修・運営サイト】

これでわかる!遺産相続・事業継承は、遺産相談.com
遺産相続について、より詳しくわかります!

士業チームが離婚トラブルをフォロー。離婚コンシェルジュ.com
離婚問題でお悩みならコチラ!

様々な債権を最善な方法で解決。債権回収.jp
債権回収の解決はコチラ!

事業再建・企業再生なら事業再建.jp
事業再建・企業再生をお考えの方へ